査定依頼は数社にお願いする

マンションを売却する際には、複数の不動産会社に査定をしてもらうことが重要です。1社だけに査定を依頼すると、査定金額が相場と比較して高いのか低いのか分かりません。数社に査定をしてもらうことによって、ある程度の相場を掴むことが出来ます。また、査定依頼時の不動産会社の対応なども、今後の契約に関して重要な参考材料となります。不動産会社とは長い付き合いになりますので、丁寧に対応してもらえる不動産会社の方が安心して依頼することが出来ます。

近所の物件で適正価格を知る

不動産会社が出した査定額が適正な金額であるか、不安に感じることもあります。中には、不当に高く査定したり低く査定したりする悪質な不動産会社も存在しますので、あらゆる角度から物件価格を調べることが必要です。その方法の一つとしては、同じマンションの中で売りに出されている物件価格を参考にする方法です。必ずしも同じ価格になる訳ではありませんが、一応の参考にすることは出来ます。マンションの売却を検討し始めてからは、新聞の折込チラシなどをチェックして情報を収集することが必要です。

マンションの売却価格は最終的には自分で決める

マンションの売却価格は不動産会社が決定する訳ではなく、売主が決めることが出来ます。ただし何の基準も無ければ金額を決めることも難しいですので、専門家のアドバイスを参考にしながら最終的に自分で判断することになります。販売価格はずっと固定している訳ではありませんので、中々売れない場合は、販売価格を下げるなどの必要性も出て来ます。その際も、周辺の不動産の状況などを不動産会社にアドバイスしてもらいながら、決めることが大切です。

マンションの売却の際の注意点として、最初に注意することは不動産会社の選定になります。不動産会社によっては、中古物件に関して強い不動産会社もあるので、高値で売却するためにも不動産会社の選定も大事です。