正月やひな祭りなどの行事を楽しめる

有料老人ホームでは、季節ごとの行事を大切にしていろいろな催し物をしている所も多いでしょう。例えば大晦日には年越しそば、元旦にはおせち料理が食堂にて振舞われます。ひな祭りにはちらし寿司を食べるなど、まず食事において季節感を感じれるメニューが出されます。そして七夕にはロビーに笹の葉が飾られて、住居者が短冊に願い事を書いて吊るしたり、クリスマスには大きなツリーが玄関に飾られたりと、館内にいても行事を楽しめる工夫が成されていて、住居者も楽しめるのです。

俳句やコーラスなどの趣味のサークルがある

元気な高齢者が多い老人ホームでは、趣味を楽しめるサークル活動もあります。コーラス部や俳句の会、絵を描いたり手芸部で刺繍や編み物をしたりと、さまざまな分野のお稽古ができるのです。盆栽やジョギング教室などは、男性でも参加できるでしょう。手を動かしたり自分の好きなことに没頭したりすることは、いつまでも若々しくあるためにも大切です。またサークルで趣味仲間とも知り合えますね。こうした活動は、住居者の生きがいにもなっているのです。

食堂や大浴場で友達とコミュニケーションが取れる

有料老人ホームの大きなメリットのひとつに、住居者の友達の存在により寂しさを感じずに済むという点が挙げられます。一人暮らしの生活では何日も誰とも喋らないときもあるかもしれませんが、老人ホームであれば食堂や大浴場などで友達に会うことができます。食事をしながら、ゆったりとお風呂につかりながら、いろいろとお喋りに花が咲くことでしょう。他人とコミュニケーションを取ることで、自然と笑顔にもなれて楽しみも増えるのです。

川崎市の老人ホームでは、介護職員や生活相談員などの優れた経験を持つスタッフが在籍していることが人気の理由といえます。