食器洗い機の難点とは?

「食器洗い機を買ったのですが、思った以上に時間がかかるので、結局手洗いしています」というような話を、よく聞きますよね。食器洗い機の最大の難点は、時間がかかることでしょう。70前後という高温のお湯で洗うため、食器洗い機の電気ヒーターで水を熱するのに時間がかかるせいなんですね。ということは、最初からお湯を配管すれば時間は短くなるはずですよね。リフォームの際にお湯配管に替えるほか、今の蛇口水栓が「水ー湯」の切り替えのできるタイプなら、簡単かつ比較的安価な工事で、お湯配管にできるはずですよ。

おススメの食器洗い機とは?

リフォームの際には、食器洗い機は幅が45cmのビルトインタイプがおススメですよ。扉がフロントオープンで、中のバスケットを引き出せる形を選ぶとよいでしょう。このタイプなら、洗い終わったあとスイッチを切り、扉を開けてバスケットを引き出せば余熱で乾かすことができますよ。水配管のまま乾燥まで全て行うと120~130分もかかるのに比べ、お湯配管+乾燥ナシのコースなら、洗い終わりまで約30分なんですよね。耐熱プラスチック容器や金の縁取りがついた器も洗えますよ。

なんでも食器洗い機にお任せ!

リフォーム後は、ステンレスの鍋やザル、土鍋、魚焼きグリル、しょうゆ差しまで、なんでも食器洗い機に任せることができるんですよ。コンロの五徳や換気扇もと言ったら驚くでしょうか?高温で洗うので油汚れに有効で、滅菌効果もあるんですよね。キッチンになくてはならない、必需品となるでしょう。食器洗い機に入れる前に、ザッと下処理をしておくとよいでしょう。食器でも鍋でも、大きめのボウルか洗い桶に入れ、ゴムべらで食べ残しや表面の汚れをザッと取り除いておくんですね。この処理をしておくと、庫内の汚れやフィルターの詰まりも防げますよ。

マンションリフォームでは、キッチンや浴室といった水まわり以外に、リビングや寝室などにおいても施工可能です。