アパートとマンションの違い

アパートとマンションには、明確な区別を行うための規定はありませんが、一般的には建物の構造によって区別されています。アパートは木造や軽鉄骨造の建物が多く、マンションは鉄筋コンクリート造の建物が多くなります。さらに、アパートは構造上、建物が低くなってしまいますが、マンションは3階以上の高い建物が多いという特徴があります。また、賃貸の建物にはコーポ・ハイツ・メゾンといった名称のものがありますが、これらの名称は建物の構造とは関係のないものなので、賃貸を探すときは、名称ではなく建物の構造を調べるとよいでしょう。

アパートのメリットとは

アパートのメリットは、まず、マンションより家賃が安いことが挙げられます。家賃をできるだけ抑えたいという人に向いていますが、住環境が恵まれた地域で比較的安い家賃で借りたい人や、同じ家賃のマンションより広い部屋に住みたい人などにも便利だと言えるでしょう。さらに、アパートにはロフト付きの物件も多くあるほか、最近では、収納が広い物件や、従来のイメージとは違うオシャレなデザインの物件も増えていると言われています。

マンションのメリットとは

マンションのメリットとしては、遮音性や耐震性、そして耐火性に優れていることが挙げられます。遮音性については、木造のアパートの場合は、構造上、音が響きやすくなりますが、マンションの場合は鉄筋コンクリート造という特性上、音の響きが軽減されます。さらにマンションには、オートロックが設けてある場合が多いため、セキュリティに優れているというメリットや、利便性の高い、駅近くなどの物件が多いというメリットがあります。

森の賃貸マンションは、自分のライフスタイルに合わせて、好みの間取りを選ぶことができる賃貸マンションになっています。