住み続けるのにお金がいる!?

賃貸住宅を借りる時は、貸主との間で賃貸契約を結びます。契約には期間があり、一般的には二年間とされています。二年経てば退去しなければならないわけではなく、契約を更新すれば住み続けることができます。賃貸住宅を借りる時に退去する日が決まっている人は少ないですよね。普通は更新を繰り返して住み続けることになります。しかしこの契約更新の際に、更新料や手数料という名目でお金を請求されることがあります。更新料は家賃一ヶ月分が相場ですので、その月は家賃が倍になる計算になります。

更新料は地域性が強く、根強く残っている慣習

この更新料は、すべての賃貸住宅の更新で必要なわけではありません。地域性が強く、むしろ更新料が必要な物件のほうが今は少ないです。契約更新をしてもらうお礼として家主さんに支払う慣習のようなもので、今の時代にはそぐわないと言わざるを得ません。ただ、必要な物件があるのも確かですので、物件を選ぶ時には気を付けましょう。二年に一度のことですから、そのほかの条件が良ければ目をつぶるのも方法ですが、家賃の一ヶ月分って、結構負担になりますよ。

時代にそぐわなくなってきている更新料

更新料については争いになることが結構あり、借主側からすると納得しがたいお金でもあります。なぜ更新するのに何万円も払う必要があるのか、疑問に思うのも当然でしょう。更新手続きは契約書を再度交わすだけで、大した手間ではありません。風習、慣習という理由だけで請求すべきではないと個人的には思います。実際借り手市場の現在においては、少しずつ廃止されつつあります。更新料が必要な物件は誰も選ばなくなれば、いずれはなくなっていくでしょう。

札幌の賃貸マンションは、鉄筋コンクリートで造られていますし、防犯性にも優れていて、とても魅力的な賃貸マンションです。